初代竹峰は我が国古窯の一つである福井県越前焼宮崎村の出身にて陶芸を志し、明治四十二年上京、京焼各窯元にて陶工の技術の修行研鑽を積む。
大正九年、独立し東山連峰の麓、日吉町に窯を築き竹峰窯と呼ぶ。
次来京焼一途に只ひたすら染付の優雅な陶磁器の研究に没頭し今日の創作の基礎をなす。
二代竹峰は初代の薫陶を受け、京焼・清水焼の最も特徴ある極く薄手に独創的な染付模様を施し、格調ある独自の作風を開拓妙技を揮う。
昭和五十二年、通商産業大臣指定伝統的工芸士の称号を受ける。
昭和六十年、伝統的工芸品産業振興の貢献により大阪通商産業局長表彰を受ける。
平成二年、伝統的工芸品産業振興に多大な貢献により通商産業大臣より表彰を受ける。
当代竹峰は二代小川長楽の次女として生まれ、昭和五十三年二代竹峰長男(陶芸家 古川利男)に嫁ぐ。
平成十七年二代竹峰没後、その志を引き継ぎ三代を襲名する。
現在は竹峰本来の作風を守りつつ斬新且つ繊細な作品創りに日々精進する。