原料

竹峰で使用する原料(粘土)は「磁器土」を使います。
陶石といわれる原料に水などを混ぜ、真空土練機で練り上げものを使用します。
磁器土は鉄分や埃を大変嫌うので注意が必要で、還元焼成をすることによって白く焼き上がります。
写真は参考のため京都陶磁器商工協同組合の様子を撮影させて頂きました。

当サイトは竹峰窯 昭和製陶によって制作・管理・運営しています
サイト内の内容・画像などを無断で複製・使用することを固く禁止致しております