本焼き

工程の中で最も大切なのがこの「本焼き」です。
竹峰では主に1250度以上の高温のガス窯による還元焼成を行っております。作品によって電気窯と使い分け、これまでの工程を経て完成に至ります。
また、上絵付けを施す作品はこの本焼き焼成の工程を終えてから行います。

当サイトは竹峰窯 昭和製陶によって制作・管理・運営しています
サイト内の内容・画像などを無断で複製・使用することを固く禁止致しております