削り

削り加工は水挽きをした器を半乾きの状態で行います。
「シッタ」と呼ばれる職人手作りの削り台を轆轤の上に据え付け、品物の高台を金属製の永久カンナと呼ばれる道具で削り出します。
また、文様の彫りや削ぎなどは削りを終えてから行い、それらの作業で最終的な品物の形が完成します。

当サイトは竹峰窯 昭和製陶によって制作・管理・運営しています
サイト内の内容・画像などを無断で複製・使用することを固く禁止致しております