下絵付け

下絵付けに使用する絵の具は「呉須(ゴス)」と呼ばれる、コバルト化合物を含む天然鉱物で、還元焼成することで藍色に発色します。
竹峰で使用する呉須は初代から続く独自の調合で発色の良さ描きやすさを追求するため実に一年以上擦り続けたものを使用しております。
素焼きの素地に「骨(こつ)描き」と呼ばれる線描きで輪郭を施し、その中をさらに番茶で薄めた呉須で濃淡を付けます。
これを「ダミ」と呼び、鹿の毛などで作った太い筆でを使用します。

当サイトは竹峰窯 昭和製陶によって制作・管理・運営しています
サイト内の内容・画像などを無断で複製・使用することを固く禁止致しております