上絵付け

上絵付けとは、本焼きした作品に色絵の具を用いて絵や文様を施したものを指します。
絵付けをした後にもう一度800℃くらいの温度で焼成し絵を焼き付けます。
また、作品によっては上絵付けの焼成を二度を行う場合もあります。

当サイトは竹峰窯 昭和製陶によって制作・管理・運営しています
サイト内の内容・画像などを無断で複製・使用することを固く禁止致しております