施釉

施釉には、竹峰の呉須色に合わせ独自の調合の石灰釉を使用しております。
また、竹峰の器は一つの品物の対して【 外側 →高台内 →内側 】の最低3回に分けて行います。
外側の施釉は口径の表面張力がおきる所で止め、高台内まで掛けると一度完全に乾かしから内側を掛けます。
これは極薄手のため内外を同時に施釉すると釉薬が定着しないためです。

当サイトは竹峰窯 昭和製陶によって制作・管理・運営しています
サイト内の内容・画像などを無断で複製・使用することを固く禁止致しております