施釉仕上げ

本焼き焼成のための最後の準備をします。
器はの表面にあるピンホールなど釉薬の剥がれや余分な付着を補修確認します。

当サイトは竹峰窯 昭和製陶によって制作・管理・運営しています
サイト内の内容・画像などを無断で複製・使用することを固く禁止致しております